夫(妻)が勝手に離婚届を出しそうなら<対策法> 浮気調査・不倫調査・素行調査は総合探偵社さくら

  • 0120-947-470 お電話でご予約の上お越しください下さい。
  • ご相談はコチラ。
  
夫(妻)が勝手に離婚届を出しそうなら<対策法>

協議離婚の場合、離婚届の印鑑は三文判でもいいですし、印鑑証明も不要です。

夫婦が揃って役所に出頭する必要もなく、本人の筆跡かどうかを調査されることもありません。

 

 

本来は、夫婦双方に離婚の意思があってこそ受理されるべきものですが、離婚届は形式さえ整っていれば受理されてしまうのです。
たとえ夫婦の一方が離婚届を偽装して提出したものであっても、受理されてしまえば離婚は成立します。

 

 

・自分は離婚をしたくないにも関わらず、相手が勝手に離婚届を出してしまう恐れがある

 

・口論になった勢いで離婚届に署名捺印をしてしまったがその後離婚の意思がなくなった

 

上記のような場合、もしも離婚届が役所に提出されても、受理されるのを防ぐ制度があります。

それが『離婚届不受理申出書』です。

 

あらかじめ、本籍地の市町村長(または住所地の市区町村役場)に対して、「離婚届不受理申出書」を提出しておくと、相手が勝手に離婚届を役所に提出しても受理されることはありません。

 

 

不受理申出書は市町村役場の戸籍係に常設されており、
不受理申出書の有効期間は無期限で、不受理申出書はいつでも撤回できます。

 

 

撤回には「不受理申出取下書」を提出します。

 

 

「不受理申出書」を提出した後に「離婚届」をする場合は、「不受理申出取下書」を提出してからではないと受理されませんのでご注意ください。

 

 

もし不受理申出書を提出する前に、手が勝手に離婚届を提出して受理されてしまった場合、それを無効にするにはかなりの時間と労力を消費します。

 

 

ですので、相手が勝手に離婚届を提出する可能性が少しでもあれば、早めに「不受理申出書」を提出しておくことをオススメします。

 

次回は、「相手が勝手に離婚届を出した場合」の対処法を書いていこうと思います。

  • 料金はいくらぐらいかかるの?
  • どんなふうに調査するの?
  • どうやって申し込むの?
確かな調査力と安心の料金設定